ROTARY CLUB of KYOTO-NORTH WEST

会長挨拶

top_KyotoNW_2020_21_01私は2012年4月に父親の退会と入れ替わりに、入会させていただきました。はじめは、何のために活動をしているのか、自分が何をすべきなのかわからず、茶道や華道の習い事のように毎週例会に通うだけでした。その後理事役員を経験させていただき、3年前には澤田会長のもと幹事を務めさせて頂きました。こうした経験によって分からないことだらけだったロータリーが断片的にわかるようになり、それがすこしずつ繋がってきたという感覚ですが、まだ人としてもロータリアンとしても至らぬ点が多々あろうかと思います。このような若輩者ですが第46代会長の任をお受けしましたので、円滑なクラブ運営のため全力で取り組む所存です。どうか皆様には絶大なるご支援とご協力のほどよろしくお願いいたします。

ロータリークラブは近年大きな変化の時期を迎えています。各クラブの自主性や多様性が認められるようになり、例会の開催やメーキャップ、職業分類など広範囲に自由度が高まりました。そうした中で新型コロナ感染症が広がり、ロータリー活動も大いに影響を受け、中止や変更を強いられています。

今年度はテーマとして『不易流行』ということばを掲げることとします。『不易』とはいつまでも変化しない本質、一方『流行』とは時代とともに変化していくことでそれぞれ相反する意味をあらわすことばです。時局に応じて『不易』『流行』を判断して行動すべきという意味合いだと思います。

ロータリークラブは、毎週の例会で顔を合わせて親睦と友情を深め、地域や社会、青少年に奉仕活動を行うことが『不易』(本質)であることに変わりはありません。また、それによって喜びや楽しみを感じ自己研鑽につながるものだと思います。

ところが、当面はソーシャルディスタンスの確保など感染症予防対策が求められ、その後も社会環境が大きく変容することが予想されます。コロナ後の変化に対応(『流行』)し、会員の皆様が楽しめ、持続可能な西北ロータリークラブとなりますよう取り組んでいきたいと思います。

コロナ禍の収束がまだ見通せないなか、経済も日常生活もきびしい状況が続きますが、励ましあい、助け合いながらこの難局を乗り越え、西北ロータリークラブが50周年、100周年に向けてますます発展していきますよう微力ながら尽力していきたいと存じます。理事役員の皆様、会員の皆様のご協力をお願い申し上げます。

お問い合わせは事務局まで。 TEL 075-871-2846 受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日除く)

  • facebook

ログイン

例会場:翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都


翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都
嵯峨野路フォトギャラリー

入会のご案内
京都西北RCフェイスブック
国際ロータリー
国際ロータリー日本事務局
ロータリージャパン
第2650地区広報・PRサイト
ロータリー米山記念奨学会
ロータリー文庫
第2650地区ロータアクト
第2650地区ロータリー財団学友会
ロータリー希望の風奨学金
第2650地区米山学友会

Access Count

  • 312747総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 115昨日の閲覧数:
  • 156467総訪問者数:
  • 3今日の訪問者数:
  • 95昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2012年9月1日カウント開始日:
島崎俊夫会員語録2

島崎俊夫会員語録
PAGETOP
Copyright © 京都西北ロータリークラブ All Rights Reserved.